32歳独身男性会社員のセフレ日記

仕事柄、異性との交流が少ないため、出会い系サイトを利用することを思い立ちました。
インターネットで検索してみつけた、Jメールというサイトを使ってみたのです。
恋人と呼べるような相手は一応はいたのですが、忙しい仕事の日々で、手軽で楽しめる新しい刺激を求めていました。
簡単に言ってしまえば、セフレ募集をしていたのです。
お金も時間もそんなに掛けたくないというのも正直な所でしたので、セフレが一番希望にマッチしていました。

最初の登録で、自身の紹介文章を作った時に、一体どんな感じで書けば良いのか迷いました。
露骨にセフレ募集と書くと、女性から嫌がられるかとも思ったのです。
ですが、それは杞憂でした。
登録されてる女性の中にも、少なからずセフレとしての割り切った関係を求めてる人はいました。
はっきりとそうは書かないまでも、なんとなくニュアンスで分かる人もいました。
それっだたらと、私も余計なことはせず、ハッキリと希望通り、セフレ募集してますと書くことに。

しばらくJメールを利用してみて、慣れてきたところで、何通かメールのやりとりをしている相手と会うことにしました。
私より12歳年下の大学生の子でした。
リアルの中でセフレのような関係を持つと、面倒くさいことになるから、ネットで探していたということでした。

会ってみると、細身の長身で凄くスタイルの良い可愛い女性でした。
こんな子がセフレを募集してるなんて思わなかったので、驚きです。
写真で見るより可愛かったです。
私はもう興奮しっぱなしで、今すぐにでもセックスをしたい衝動を抑えるのが必死でした。

軽い食事をしてから、ホテルに行きました。
シャワーを浴びる前に、相手の身体にむさぼりつきました。
そこからは凄く楽しい時間を過ごせたと思います。
こんな夢のような体験ができるなんて思ってもいなかったので、Jメールを利用して正解だったなと思いました。

その日はセックスが済んですぐにお別れしました。
でもせっかくの美人をこれで終わりにしたくないと思い、こちらから連絡をちょくちょくとるようにして関係を続けました。
週に一回か多いときは二回ほど会って体の関係だけというのを続けています。
わがままかもしれませんが、恋人も大事にしていきたいと思っていたので、この割り切った関係がむしろ快感でした。

またそれからも新しい人と出会うためにちょくちょくと利用しては、セフレを作っています。
色々な方とメールをして、出会える確立はかなり高いと思いました。